靴修理のかかとゴム交換まとめ

靴やヒールを長く使うためのメンテナンスとして、かかとゴムの交換はポピュラーな修理方法です。長く靴を使っているうちに、気がつくとかかと部分が摩耗してしまったと言うことは良くありますが、使い続けたい大切な靴ならば、早めの段階で修理を考えましょう。この記事では、靴のかかとゴムの交換について、タイミングやメリットなどをまとめています。

かかとゴムは交換が必要

靴底は人の足を、硬い地面から保護するために存在しています。アスファルトを歩いても、靴底がクッションになってくれますし、滑り止めとしての効果も優秀です。しかし、それと引き換えに靴底にはダメージが蓄積してしまい、摩耗していくのを防ぐことは困難となります。

全体的に過酷な状況に置かれる靴底の中でも、最も摩耗しやすいのがかかと部分です。歩き方の癖や使用状況にもよりますが、どうしてもメンテナンスが必要になってきます。大切な靴の場合は、早めにかかとゴムを交換することで寿命を伸ばしてあげられますし、コンディションも回復することが可能です。

逆に、交換時期を逃して使い続けてしまうと、より大掛かりな修理が必要となりかねません。かかと部分は消耗品として交換が前提になっている部分がありますが、それを超えて摩耗が進むと、靴本体にダメージが出てしまうわけです。本体まで削れてしまうと、本格手な修理も必要になってきます。かかとゴムの交換は靴修理の中でも手軽でリーズナブルな方法ですから、この修理方法で済む段階で、メンテナンスを行いましょう。

かかとゴムの交換手順

かかとのゴム交換かかとゴムの交換手順は、大まかに分けると二つのパターンがあります。一つ目は、かかとゴムの交換を前提に作られている靴を修理する場合です。もう一つは、モールド成型されている製品などの、交換を行うようになっていない靴の場合。後者ではかかとゴムを交換すると言うよりも、ヒールを加工して新しくゴムを装着する形になります。

まず、かかとゴムが交換可能なタイプは、元々のゴム部分を剥離してから接着面を整え、そのまま新しいものを貼り付けると言うのが、修理の流れです。ヒール本体へのダメージがなければ、新しく靴底を作ったり、分解修理する手間が掛かりません。交換だけだと、かなりシンプルな手順で修理可能ですから、費用も時間も最小限に抑えられます。

かかとゴムが一体成型されていたりして、交換できない場合でも修理は可能です。最初にグラインダーなどでヒールを切除して、新しくかかとゴムを貼り付けることで、修理していきます。いずれの方法でも、新しくかかとゴムを接着した後は、インクによる染めや艶出しを行うのが通常です。これらの工程によってかなり自然に仕上がるので、修理した後もデザインを保てます。

かかとゴム交換のメリット

かかとゴム交換は、見た目が回復したり、歩きやすくなる他にもメリットがあります。靴のグレードアップにも繋がるので、交換するゴムの特徴については知っておいて損はありません。

最初のポイントとしては、すり減りにくいタイプに交換しておくことで、靴底を長期間保護することが可能です。このようなタフなゴムを利用すると、かかとが長持ちするので、交換頻度を抑えられます。歩きやすさが長持ちするのもメリットでしょう。通勤などで濡れた路面を歩く機会が多い場合には、滑り止め効果を向上させたタイプを選ぶのもおすすめです。ゴムは元々から滑り止め効果は高いのですが、近年は更に、雨の日の地面でもグリップ力が高いアイテムが登場しています。滑りにくい方が安全ですし、腰痛対策にも繋がると言う側面もあり、レザーソールの靴のかかとをゴムに交換すると言う方も見当たるほどです。

靴修理では一般的な、かかとゴム交換はこのように、靴の使い勝手を改善する効果もあると言えます。お気に入りの一足の使用感を向上するためにも、検討してみては如何でしょうか。

かかとゴムの交換は多彩な靴に対応あり

かかとゴムの交換はかなり幅広い靴に対応する修理方法で、革靴以外にも多彩なアイテムで実施できます。特に通勤で酷使されるビジネスシューズはもちろん、ヒールやスニーカーでもかかとゴム交換が可能です。

まず、一見するとかなり靴修理が難しそうなのが、ピンヒールと言えます。かかと部分が極めて細く仕上っているので、ゴム交換が不可能と考える方もしばしば見当たります。しかし実際には、ピンヒールでもほとんどのケースではゴム交換ができます。高級なヒールでは本体を摩耗させるともったいないですから、早めに検討しておくといいでしょう。

スニーカーも愛好家は多く、長く使いたい愛着のある一足を持っている方も多いはず。特に人気のメーカーのシューズでは、プレミア付きや限定品で、二度と手に入らないモデルも少なくは有りません。このようなモデルでも、ヒール部分の修理を行うことで元通りの使用感や見た目に戻すことが可能です。

このように多彩なタイプの靴で、かかとゴム交換は役に立ちます。自身の靴が変わったデザインだったり、修理が難しそうに思えても、ひとまず相談だけしてみるのも良いかも知れません。

交換の目安は?

かかと部分の交換の目安は、靴の種類によって変わってきます。革靴でしたら、かかとの地面に接する部分の一層目が無くなっていると、交換のタイミングと言えるでしょう。ソール全体が革のアイテムは、靴底のヒール部分が何層かに分かれているのが一般的です。その層の一番地面に近い部分が摩耗している程度ならば、靴への影響も少ない内に修理可能です。革靴で底がラバーの場合は、ゴム部分が無くなる前に交換するのがおすすめ。うっかり使いすぎると本体にダメージが及ぶ心配があります。

女性用のヒール靴は、かかと部分にリフトと呼ばれるパーツがありますが、これが無くなったら交換時期です。歩いている時にかかとから金属音が聞こえるようになったら、これは修理時期を知らせるサイン。このような状態になったら早めの修理を考えましょう。金属音が聞こえる前に、目視でリフトの残りが少ないと思った時に交換すると、ダメージを最小限に抑えられます。スニーカーの場合はゴムが無くなると、本体にかなりダメージが出ますので、そうなる前に考えたほうが良いでしょう。歩きづらくなってきたら、そこで修理を検討するのも良いです。

かかとゴムの交換を考えるなら

靴修理ではポピュラーな、かかとゴムの交換ですが、メンテナンスとしては手軽でリーズナブルですし、靴の機能の向上にも役立ちますので、積極的に考えてみるのがおすすめです。かかとゴムの交換をはじめ靴の修理では、良い修理サービスを見つけることは欠かせません。しっかりと情報を集めて、信頼のある修理サービスを見つけて下さい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket